忍者ブログ

現夢

遠藤憲一さんのファンblogです。
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『大帝の剣』

『大帝の剣』 2012年03月05日視聴 TSUTAYAレンタル




全国東映邦画系映画館にて、2007年04月07日放映。

遠藤憲一:権三

出演:阿部寛、長谷川京子、宮藤官九郎、竹内力、黒木メイサほか

原作:『大帝の剣』

 著:夢枕獏
 角川文庫、461p、ISBN-13:978-4041626139
 


というわけで、原作未読。

設定からして荒唐無稽。始まりは、宇宙船にオリハルコン。
「かーさん、これ時代劇じゃなかったっけ?」と一緒に見ていた息子が笑う。
宇宙船が宇宙船喰ってるし?

映画って画面が全体的に暗いでしょう。我が家の壊れかけブラウン管テレビじゃ、もしかしてエンケンさん出てきてもわからないんじゃないかと、実はちょっと心配していた。
が。そんなものは杞憂だった。出てきた瞬間にわかりましたよ。(←当然)
でも、全っ然、エンケンさんらしくなかった! (←誉め言葉ですから)
「え? まじ? これ遠藤憲一?」と息子が言ったくらいに。

宇宙人に身体を乗っ取られたマタギの役でしたけど、身体を乗っ取られる前からすごかった。息子にはそれがエンケンさんだとわからなかった!
乗っ取られた後はもっとすごかったし。実は、ワタシも時々不安になってまして。これ、ホントにエンケンさんか? スタントさんじゃないの?(特殊メイクしてたし) なんて。でも、台詞があると、あ、ちゃんとエンケンさんだとわかる。
何て言いますかね、動きが化け物じみているんですよねー。(←誉め言葉ですから!)
動きが機敏でも、阿部ちゃんのような力自慢でもなければ、忍者の動きとも違う。人間離れしてるんですよね。所作ひとつの事だと思うんですけど、息子と2人でその化け物っぷりに感動してしまいました。
生き返る様も、化け物らしかったし。

こんな遠藤憲一さんが見られただけでも、もう一見の価値あり!

作品全体としては、前半の面白みが後半欠けたように感じました。(←エンケンさんが出てないから?笑)
VFXとかは詳しくないんで、違和感感じませんでしたね。
原作未読ですが、夢枕獏さんの作品にあるエロティックさが削がれていて、その分、冒険活劇風に仕上げられているんじゃないでしょうか。男の子向けかなぁ?
面白く笑いながら見ましたけど、娯楽作品とはいえメッセージ性が薄かったのが残念だったように思います。何を伝えたかったのかワタシにはわからなかったので。
あ。竹内力さんの化け物っぷりは、これはこれで凄かったです!

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
pothos(ポトス)
性別:
女性
自己紹介:
遠藤憲一さんを語りたいがためのblogです。
気の合う方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしく!

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

× CLOSE

Copyright © 現夢 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]